後払いサービス

後払いドットコムとはどんな後払いアプリ?使えるサイトや支払い方法

後払いドットコムとは?使えるサイトや支払い方法
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

後払いドットコムとはどんな後払いアプリか調べていませんか?

後払いドットコムはアプリではなく、ネット通販で使える後払い決済サービスの1つです。

通販の支払い時に後払いドットコムを選ぶと請求書が自宅に郵送され、その請求書を使ってコンビニ等で後払いができるという仕組み。

後払いドットコムは限度額なしで、ポイントが貯まる支払い方法が選択できるなど数ある後払いサービスのなかでもユニークなサービスです。

記事では後払いドットコムのメリット・デメリットや審査、使えるお店について説明します。

後払いで通販にはおすすめのサービスなのでこの記事を参考にしてください。

後払いドットコムとはどんな後払いアプリ?

後払いドットコムは後払いアプリではなく、提携の通販サイトで使える後払いサービスです。

株式会社キャッチボールが運営しています。

使い方は簡単で支払い方法の選択時に後払いドットコムを選択するだけ。

後払いドットコムを利用する際の具体的な流れは以下のようになります。

  1. 通販の支払画面で後払いドットコムを選択
  2. 商品が到着
  3. 商品とは別で郵送される請求書を受け取る
  4. 支払期限の14日以内にアプリやコンビニなどで支払う

支払いは商品と別で郵送される請求書を使って、アプリやコンビニ・郵便局で決済可能。

利用するために会員登録やアプリのダウンロードの必要がなく、使いたい店が対応していればOKです。

後払いドットコムのメリット・デメリット

後払いドットコムのメリットとデメリットを紹介します。

後払いサービスは会社によってサービス内容や支払い方法のバリエーションが異なります。

利用する前に確認しておきましょう。

メリット

まず後払いドットコムのメリットを3つ紹介します。

  1. 限度額なし!
  2. 豊富な支払い方法でアプリで支払いも可
  3. 審査の時間が0

後払いドットコムの最大の利点は限度額がないことです。

そのため、累計いくら利用したかなど考える必要がなく、まとめ買いや高額な注文をすることが可能です。

また、支払い方法はコンビニ、郵便局、銀行の他にもLINE Payやファミペイにも対応しています。

支払いのためにわざわざコンビニや銀行に立ち寄る必要がなく、請求書を受け取ったときにサッと支払いを済ませることができます。

後払いサービスなので与信調査もありますが時間はかかりません。

リアルタイムに与信調査が完了するので、買いたい!と思った瞬間に購入できます。

デメリット

後払いドットコムのデメリットを紹介します。

  1. 買い物のたびに審査が必要で、審査落ちも起こりうる
  2. 利用すると後払い手数料がかかる
  3. 対応している通販サイトでしか使えない

後払いサービスは購入者の代わりに一時的に支払いを代行してくれているだけなので与信調査が必ず発生します。

そのため、場合によっては審査に落ちてしまうことも。

確実に購入したい商品には後払いサービスを利用しないほうが安全です。

また後払いで購入する場合、後払い手数料が発生します。

通常よりも割高になってしまうので注意が必要です。

今すぐ現金が必要ですか?

それならバンクレジットがおすすめ!

後払いアプリやキャリア決済枠をすぐに現金化できます

2回目以降 換金率UP中!

  • 新規申し込み:90%
  • 2回目以降:87%

\最短10分で現金GET/
バンクレジット
申し込みページ

詳しく知りたい方はこちら
後払いアプリ現金化とは?メリットと手順/

後払いドットコムの支払い方法

後払いドットコムでは通常のコンビニ・銀行・郵便局の他にもアプリを使って自宅で支払う方法もあります。

請求書にはハガキと商品に同梱の請求書の2種類があり、支払える場所が異なります。

コンビニ

コンビニではハガキ請求書、商品同梱の請求書のどちらでも支払い可能です。

レジで請求書を出して支払うだけで支払いが完了します。

追加の手数料はありません。

郵便局

送られてくる請求書のタイプによって支払い方法が変わります。

  • はがきの場合: 請求書に記載されている郵便口座への振込になります。
    注意点として、振込人名義は購入時の名前で行って下さい。
    名前を変更すると入金の確認ができない可能性もあります。
  • 商品同梱の請求書の場合: 払込取扱票をそのまま窓口へ持参して支払いの手続きをする。
    もしくはATMで機械に読み取らせて振込をする方法もあります。

銀行

銀行は窓口・ATM・ネットバンキングで、請求書に記載の銀行口座に振り込みます。

銀行の支払いは振込手数料が発生します。

よけいな費用がかさんでしまうので銀行振り込みはあまりおすすめしません。

LINE Payの請求書支払い

LINE Payでの支払い方法を説明します。

  1. LINE Payアプリの請求書支払いをタップ
  2. バーコードリーダーで請求書を読み取る
  3. 内容を確認して支払い完了

ハガキ請求書、商品同梱の請求書のどちらでも支払いが可能です。

高額な商品を注文していてコンビニで現金を出すのが怖いという方や、わざわざコンビニ・銀行に行きたくないという方は手数料もありませんのでおすすめです。

ファミペイの請求書支払い

ファミペイでの支払い方法を説明します。

  1. ファミペイアプリのサービス一覧から左下の請求書支払いをタップ
  2. バーコードリーダーで請求書を読み取る
  3. 内容を確認して支払い完了

LINE Payと同様にどんな請求書でも支払いが可能です。

楽天銀行コンビニ支払サービス

楽天銀行コンビニ支払サービスは自宅にいながらコンビニ払込票の支払いができるサービスです。

利用には楽天銀行口座を開設している必要があります。

  1. 楽天銀行アプリにログイン
  2. 「支払う」タブからコンビニ支払サービスを選択
  3. カメラで請求書を読み取る
  4. 内容を確認して支払い完了

そのほか公共料金の支払いなどにも広く対応しています。

支払い1回に付き楽天ポイントが10ptも貯まるので、楽天銀行の口座を持っている方にはおすすめです。

後払いドットコムの支払い期限

後払いドットコムの利用代金は請求書発行日から14 日以内に支払わなければいけません

期限が切れた請求書が使える場合もありますが、期限を過ぎてしまうと再請求ごとに追加手数料が278円(税抜き)かかる可能性があります。

また、代金未納の商品がある場合、追加の利用ができなくおそれも。

支払いを放置していいことは一つもありませんので期限内に支払うことをおすすめします。

後払いドットコムの審査は厳しい?

後払いドットコムではリアルタイム与信調査を取り入れており、登録内容に準じて審査が行われます。

後払いドットコムの与信審査基準は公開されていません。

基本的に普通のショッピングをしていれば審査に落ちることはほぼありません。

しかし支払いが確認できていない注文があったり、購入時に入力した情報に誤りがあったりすると審査に落ちてしまうケースもあるようです。

電話番号や住所の間違いはしっかりと確認すれば防げますが、払い忘れは立派な滞納です。

信用情報に傷がついても文句は言えません。

デメリットしかありませんので、できる限り払い忘れは避けましょう。

後払いドットコムの限度額

後払いドットコムを利用した注文に限度額はありません。

与信調査をクリアすれば高額な商品でも後払いで購入することが可能です。

そのため、ギフトや会社のイベント時の備品などのまとめ買いにも向いています。

希望をすれば個別に利用上限を設定するというユニークなサービスもあり、自ら上限を設定して使いすぎを防ぐこともできちゃいます。

後払いドットコムが使える店・通販

後払いドットコムが使える代表的な店・通販を紹介します。

  1. ロッテオンラインショップ
  2. オレンジページ通販
  3. よなよなの里

後払いドットコムで後払いしてみよう

記事では後払いドットコムのメリット・デメリットや審査、使える店について説明しました。

後払いドットコムはクレジットカードやアプリの登録なしで使える後払いサービスです。

支払い時に後払いを選択するだけなので簡単に使えます。

また、楽天銀行コンビニ支払サービスを利用すると後払いなのにポイントがつきます。

通販で後払いできないか検討しているなら、後払いドットコム対応店で買い物してみましょう。