後払いサービス

後払いワイドとはどんな後払いアプリ?新規登録と申込み方法

後払いワイドとはどんな後払いアプリ?新規登録と申し込み方法を説明
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ネット通販で使える後払いワイドについて調べていませんか?

後払いワイドは後払い決済サービスの1つであり、クレジットカードがなくても後払いで商品を購入できるのが特徴です。

ただし後払いワイドを利用するためには登録をして、審査に通る必要があります。

本記事では後払いワイドについてメリット・デメリットや登録方法、審査などについて説明します。

記事を読めば後払いワイドを使う前に知っておきたい注意点が理解できますので、ぜひ読んでみてください。

後払いワイドとはどんな後払いアプリ?

後払いワイドはポケットカード株式会社が提供する後払い決済サービスで、アプリはありません。

通販サイト利用時に支払い方法で後払いワイドを選択するだけで利用可能。

実際に利用する際の流れは以下のようになります。

  1. 通販サイトの支払い方法選択で後払いワイドを選ぶ
  2. 申込をして審査に通れば決済完了
  3. 商品と払込票を受け取る
  4. 期日までに払込票を用いて支払いをする

払込票が送られてくるため、コンビニか銀行振込で支払いをする必要があります。

会員専用ネットサービスで手続きをすれば口座振替も可能です。

後払いワイドのメリット・デメリット

後払いワイドのメリットとデメリットについて紹介します。

後払いワイド独自の強みがいくつかあるため、利用するか判断する際の参考にしてください。

メリット

後払いワイドのメリットを紹介します。

  • クレジットカードがなくても利用できる
  • 利用可能額は最大で30万円まで
  • 1回払いの他に分割払いやリボ払いに対応している

後払いワイドの大きなメリットはクレジットカードがなくても利用できる点です。

クレジットカード不要で決済できて、支払いはコンビニ払込や銀行振込、口座振替から選べるため便利。

後払いワイドは利用可能額が最大で30万円に設定されていて十分な余裕があります。

高額な商品の購入やまとめ買いにも対応可能です。

支払い方法は1回だけではなく分割払いリボ払いからも選べるので、手持ちのお金に合わせて賢く利用しましょう。

デメリット

後払いワイドのデメリットを紹介します。

  • コンビニ・銀行振込では手数料がかかる
  • 初回利用時の限度額は10万円
  • 注文ごとに審査が発生し、落ちることもある

後払いワイドの支払い方法のうちコンビニと銀行振込は手数料がかかります。

手数料は支払先のコンビニや支払金額によって異なり66円~550円です。

利用限度額は30万円ですが、初回利用時に限り限度額は10万円となっています。

後払いワイドを利用する場合、注文ごとに審査が発生して落ちることもある点に注意しましょう。

また一部の加盟店でのみ利用できるため、加盟店以外の通販サイト利用時は別の決済サービスを使うしかありません。

今すぐ現金が必要ですか?

それなら即日アリアちゃんがおすすめ!

後払いアプリやキャリア決済枠をすぐに現金化できます

2回目以降 換金率UP中!

  • 新規申し込み:90%
  • 2回目以降:87%

ariapng 詳しく知りたい方はこちら
後払いアプリ現金化とは?メリットと手順/

後払いワイドの新規登録と申し込み方法

後払いワイドを利用するためには新規登録が必要です。

新規登録の流れをまとめると以下のようになります。

  1. 通販サイトの支払い方法で後払いワイドを選ぶ
  2. 決済画面にお客様情報を入力する
  3. 本人確認書類をアップロードする
  4. SMS認証をする
  5. 審査が開始する
  6. 審査終了・決済完了
  7. 自宅で案内書面を受け取りID・パスワードを設定する
  8. 利用代金を支払う

本人確認書類はスマホカメラで撮影したものをアップロードすれば大丈夫です。

運転免許証やマイナンバーカードが本人確認書類として使えます。

審査は9時から20時までの申込みの場合は即日です。

夜間の申込の場合は翌日の回答になるので、急ぎの買い物は日中に行ったほうがいいと思います。

審査が通れば決済が完了し、商品と案内書面が自宅に届けられるという流れです。

案内書面には仮ID・パスワードが記載されているため、それを用いて会員専用ネットサービスにログインしてID・パスワードを設定しましょう。

後払いワイドの支払い方法

後払いワイドの支払い方法を大きく分けると、コンビニ・銀行と口座振替の2種類あります。

それぞれの支払い方法について詳しく見ていきましょう。

コンビニ・銀行

自宅に送られてきた払込票を活用して、コンビニまたは銀行振込で支払いができます。

コンビニでの支払いには通常は手数料がかかるのですが、初回に限り無料です。

ファミリーマートやローソン、セブンイレブンなど多くのコンビニで支払えます。

銀行振込の場合は、ポケットカードの三井住友銀行に直接振込をします。

口座振替

口座振替を希望するならば、会員専用ネットサービス上で手続きを進める必要があります。

残高が不足すると引き落としができないため注意しましょう。

後払いワイドの支払い期限

後払いワイドの支払期限は毎月1日です。

ただし、1日が金融機関休業日の場合は、次の営業日までが期限になります。

口座振替で期日に引き落としされなかった場合は、毎月15日に再引落しを行うか、指定口座への入金をして支払わなければいけません。

支払いの確認が取れるまでは、後払いワイドを利用できなくなります。

期日を過ぎても支払いが確認されなければ電話や郵便により催促されるため、早めに支払いましょう。

後払いワイドの審査内容

後払いワイドの申込資格は18歳以上であり、電話連絡が可能で安定した収入のある方、あるいはその配偶者です。

審査では申込資格を満たしているかどうか確認されます。

利用する度に与信審査が実施されて、審査に通れば決済が完了して商品が発送されるシステムです。

高収入でなくても安定した収入があればパートやアルバイトでも利用可能です。

審査の際に収入証明書の提出をする必要はなく、在籍確認も基本的にありません。

一般的なクレジットカードと比較すれば、後払いワイドは審査が優しいといえます。

後払いワイドの限度額

後払いワイドの上限額は30万円に設定されています。

ただし、初回利用時に限り上限額は10万円です。

限度額は後払いワイドを利用できる通販サイトで共有されるため、すべてのサイトで合わせて合計30万円までしか使えません。

後払いは便利なのですが頻繁に利用すると枠が減っていくため、計画的に使いましょう。

後払いワイド対応の店・通販

後払いワイドを利用できる主な店・通販は以下の通りです。

ショップ名取扱商品
タンタンショップ家電、DIY、工具
PCボンバー
PCボンバー/paytouch
PC、家電
LOBOR JAPAN腕時計
ひかりTVショッピング総合通販

家電屋から総合通販まであるので、通販でよく買われる商品は網羅されています。

そのため、欲しい商品を扱っている店が見つかるはずです。

後払いワイドで後払いしてみよう

本記事では後払いワイドのメリット・デメリットや登録方法などについて説明しました。

後払いワイドはクレジットカードなしで利用できる後払い決済サービスです。

限度額が30万円と高く分割払いも可能なため、柔軟に使える後払いと言えます。

利用できる通販サイトは限られているのですが、バリエーションが豊富な商品を扱う便利な通販サイトで利用できますよ。

後払いでネット通販を利用したい方は後払いワイドの利用を検討してみましょう。