みんなの銀行

みんなの銀行の本人確認にかかる時間|長い、終わらない場合の対策

みんなの銀行で本人確認が失敗する時の対策
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

みんなの銀行に登録しようと思ったものの、意外と時間が長くかかったり、終わらないというトラブルに悩んでいませんか?

私も登録してみましたが、5、6回ビデオ通話をやりなおしてなんとか登録できました。

記事ではみんなの銀行の本人確認の全体の流れとうまく行かない時の対策を説明します。

登録に手間取っている方はぜひ読んでみてください。

みんなの銀行本人確認の流れとかかる時間

最初にみんなの銀行の本人確認全体の流れを説明します。

  1. 本人確認書類のアップロード
  2. ビデオ通話で本人確認
  3. 審査結果待ち
  4. 審査OKならログイン設定に進む

審査待ちにかかる時間ですが、夜に試した時は5分くらいで結果が来ました。

しかし、昼間にやったら30分かかった時もありましたので、混み具合によってかかる時間が長い場合もあるようです。

みんなの銀行みたいなアプリ一覧

使える本人確認書類

使える本人確認書類は以下の5種類になります。

  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. マイナンバーカード
  4. 住民基本台帳カード
  5. 官公庁から発行された写真付き書類

いずれも本人写真がついている必要がありますので、健康保険証や学生証は使えません。

ビデオ通話の流れ

まず自分と本人確認書類が正面になるようにスマホのインカメで撮影します。

みんなの銀行 本人確認最初

次に画面の指示に従って、本人確認書類を斜めに傾けます。

みんなの銀行本人確認次

傾けた時に枠内にうまく本人確認書類を入れるのは難しいですが、多少ずれていても大丈夫でした。

オペレーター側で確認できたら審査OKとなり次のステップに進めるようになります。

ログインできたら、紹介コード入力画面が出てきます。

入力画面は1回しか出ないので、忘れずにコードを入れるようにしてください。

今すぐ現金が必要ですか?

それならバンクレジットがおすすめ!

後払いアプリやキャリア決済枠をすぐに現金化できます

2回目以降 換金率UP中!

  • 新規申し込み:90%
  • 2回目以降:87%

\最短10分で現金GET/
バンクレジット
申し込みページ

詳しく知りたい方はこちら
後払いアプリ現金化とは?メリットと手順/

本人確認が長い、終わらない時の対策

次に本人確認が長い、終わらないなどうまく行かない時の対策を説明します。

本人確認書類と申込情報に異なる箇所がある

本人確認書類と申込情報に異なる箇所があると本人確認に長い時間がかかったり、終わらない原因になります。

失敗すると以下の画面が出てきます。

本人確認が長い時の失敗例

私も何度も失敗してなんでだろうと不思議に思ってましたが、入力情報を見直すと住所が少し違っていることが分かりました。

免許証に書いてある町名の漢字が旧字体なので、入力情報もそれに合わせないといけないようでした。

住所を直してやり直してみたら無事審査に通過できたので、入力情報が間違っていないかしっかりチェッしてみてください。

ビデオ通話から先に進めない

ビデオ通話による本人確認は、通話開始して本人と書類がすぐ映らないと画面が固まって先に進めない現象がありました。

こうなると以下の本人確認中の画面が出ますが、結局終わらない結果になります。

本人確認中

対策としては通話が始まる前から本人確認書類を持ってスタンバイしておくことです。

こうすれビデオ通話が始まってすぐ撮影できるので、次の本人確認書類を斜めにするステップに進みやすくなります。

混み合っていて繋がらない

本人確認を昼の12時頃に試したことがありますが、混み合っていて繋がらないと表示されることがありました。

おそらく会社の昼休みの時間帯で申し込みをしている人が殺到しているためと思われます。

逆に夜の10時頃にやったら普通に繋がりましたので、混み合う時間をさけて登録をすることをおすすめします。

逆光で顔と本人確認書類が見えにくい

窓を背にしてビデオ通話をしましたが、どうも映像の自分の顔が暗くなって確認しにくいようでビデオ通話が固まるケースがありました。

顔が不鮮明だと本人確認が終わらない原因になりますので、窓際を避けて撮影したほうが良いです。

記事を参考に本人確認をしてみよう

記事ではみんなの銀行の本人確認の全体の流れとうまく行かない時の対策を説明しました。

昼間の混み合う時間を避けて、夜に本人確認すればかかる時間は5分くらいでした。

一方、入力情報をミスったり撮影がうまくいかなかったりと色々トラブルがあってかかる時間が長い場合やなかなか審査が終わらない場合もありました。

今本人確認がうまくいっていない方は、説明した対策を参考にして再挑戦してみてはどうでしょうか。