Tポイント×QUICPay

Tポイント×QUICPayの審査に落ちた理由|審査項目や時間も説明

Tポイント×QUICPayの審査に落ちた理由
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

Tポイント×QUICPayの審査に落ちた理由を調べていませんか?

Tポイント×QUICPayは使うたびにTポイントが貯まる後払い付きのスマホ決済アプリです。

スマホをレジの決済端末にかざすだけで簡単に決済できるので、人気が出てきています。

しかし審査に落ちた理由は何も説明されないため、納得できない気持ちの人も多いでしょう。

主な理由として収入が低いことが挙げられますが、他にもいくつか理由があります。

記事では、Tポイント×QUICPayの審査に落ちた理由と審査でチェックされる項目、審査時間について解説します。

審査に通らなかった人向けに他の後払いアプリも紹介しますので、参考にしてみてください。

アプリの審査に落ちても申し込める

おすすめカードローン3選

Tポイント×QUICPayの審査に落ちた理由

Tポイント×QUICPayの審査に落ちる主な理由を以下にまとめました。

  • 収入が低い
  • 借入金額が多い
  • ブラックリストに入っている
  • 多重申込をしている
  • 申込み情報に不備がある

いずれかに該当する人はTポイント×QUICPayの審査に落ちる可能性があります。

次から審査に落ちる理由を一つずつ詳しく解説していきます。

収入が低い

Tポイント×QUICPayはアプリ内に発行されたクレジットカードで支払いをする仕組みのため、通常のクレジットカードと同様の基準で審査が行われるのが特徴です。

申込者の収入が低ければ支払い能力が低く、Tポイント×QUICPayを利用されても返済できない可能性が高いと判断されます。

そのためある程度の収入がなければ、Tポイント×QUICPayの審査に落とされる場合があります。

審査基準は非公開であり、具体的にどのくらいの収入が必要になるのかはわかりません。

基本的には安定した収入がなければ、審査に落とされることがあると考えましょう。

借入金額が多い

他社からの借入金額が多い場合には、Tポイント×QUICPayの審査で落ちる可能性が高いです。

審査の際にはカードローンや他のクレジットカードなどの借入状況がすべてチェックされます。

借入金額が多い場合には、毎月の返済だけでも苦労していると思われます。

そのような人を審査に通してしまうと、Tポイント×QUICPayの代金の返済が滞るはずと予想できます。

そのため、借入金額の多い人は審査で不利になると考えましょう。

Tポイント×QUICPayの審査に申し込みをする際には、他社からの借入金額が0円であることが望ましいです。

ブラックリストに入っている

ブラックリストに入っている人は審査で落とされる可能性が非常に高いです。

ブラックリストとは信用情報機関に登録されている過去の金融事故情報を指します。

金融機関は自由に信用情報機関の登録情報を参照できるため、審査の際に申込者の過去の金融事故の有無をチェックします。

長期延滞や代位弁済、契約解除、債務整理などの金融事故を起こしていると審査でとても不利になります。

信用情報は5年経過すれば回復すると言われていますが、記録が残っている間はお金に関わるあらゆる審査が厳しいです。

多重申込をしている

すでに別のクレジットカードなどの申し込みをしている状態でTポイント×QUICPayの申し込みをするのは多重申込とみなされます。

多重申込をする人はお金に困っている可能性が高いです。

そのような人を審査で通すのは貸倒れのリスクがあるため、審査で落とされる傾向にあります。

他のクレジットカードへの申し込み情報は信用情報機関に登録されるため、簡単にチェックされます。

過去数ヶ月にわたる申込情報が確認されるため、多少時間を空けても意味がありません。

申込み情報に不備がある

申込の際に入力した情報に不備や誤りがあると審査に落ちる可能性があります。

意外と申込み情報の不備により落ちるケースは多いです。

きちんと画面の指示にしたがって必要な情報を入力しなければいけません。

利用するためには途中で本人確認も行われます。

そのため、虚偽の情報を入力していればバレるでしょう。

申込み情報を入力する際には誤りがないように注意してください。

Tポイント×QUICPayの審査で確認される項目

Tポイント×QUICPayの審査ではさまざまな項目がチェックされます。

主に確認される点は以下の通りです。

  • 支払い能力(年齢・職業・勤務先・勤続年数・年収)
  • クレジットヒストリー
  • 資産(居住年数・家族構成・保有資産・預貯金額)

それぞれの項目について詳しく解説しましょう。

支払い能力(年齢・職業・勤務先・勤続年数・年収)

支払い能力とは、申込者の年齢や職業・勤務先・勤続年数・年収から、毎月どのくらいの金額まで余裕を持って返済できるかを示したものです。

金融機関はそれぞれ独自の基準によって支払い能力を計測して数値化しています。

スコアにして基準を超えた申込者だけが審査に通る仕組みになっているのです。

基本的には勤続年数が長くて年収が高く安定した給与を得られる勤務先で働いている場合は、支払い能力が高いとみなされます。

フリーターやパートなどの場合は支払い能力が低いと判断される可能性が高いです。

クレジットヒストリー

クレジットヒストリーとはこれまでのクレジットカードやローンの利用履歴のことです。

クレジットヒストリーは信用情報機関に登録されています。

たとえば過去にローンを利用して完済した記録があるならば、クレジットヒストリーが優れていると判断されます。

クレジットカードを毎月利用していて延滞せずに返済している場合も信頼されます。

逆に一度でも延滞したことがあるならば、クレジットヒストリーが悪いため審査で落ちる原因となります。

資産(居住年数・家族構成・保有資産・預貯金額)

所有している資産は支払い能力に関係するため審査でチェックされます。

住まいの居住年数や家族構成、保有資産、預貯金額などが調べられます。

保有している資産がたくさんある人や預貯金額が高い人は支払い能力に優れています。

ただし、実際のところはTポイント×QUICPayの審査で資産はそれほど重視されないでしょう。

資産よりも現在の職業や年収の方が重視されます。

資産がたくさんあったとしても、安定した収入がなければ支払い能力は低いと判断できるからです。

今すぐ現金が必要ですか?

それなら即日アリアちゃんがおすすめ!

後払いアプリやキャリア決済枠をすぐに現金化できます

2回目以降 換金率UP中!

  • 新規申し込み:90%
  • 2回目以降:87%

ariapng 詳しく知りたい方はこちら
後払いアプリ現金化とは?メリットと手順/

Tポイント×QUICPayの審査時間

Tポイント×QUICPayの審査時間は短く、最短数分で完了するとされています。

申込情報を入力して、銀行口座の登録をしてからアプリ内のクレジットカードの審査が行われて、すぐに結果がわかります。

ただし、実際にはそのときの状況によって審査にかかる時間は異なります。

申込情報に怪しい点や収入などで不安な点が多ければ、審査に時間がかかるでしょう。

そのため、申込みをする際にはきちんと情報を入力することを心がけてください。

Tポイント×QUICPayの審査は厳しい?

Tポイント×QUICPayの審査は人によっては厳しいと感じられるでしょう。

それでも安定した収入があれば、年収があまり高くなくても審査に通る可能性は高いです。

ただし学生や専業主婦、フリーターなどで収入が安定していない場合には、審査で落ちることもあります。

また多重申込をしていたりクレジットヒストリーに問題を抱えていたりすれば、審査で不利になるでしょう。

Tポイント×QUICPayの審査基準そのものは、一般的なクレジットカードと比較して特別に厳しいものであるとはいえません。

ただし、支払い能力があまりにも低くて信用できない要素が多い場合には落ちる可能性があるため注意しましょう。

Tポイント×QUICPay以外の後払い方法

Tポイント×QUICPayの審査に落ちた場合でも使える後払い方法について紹介します。

Kyash

Kyash審査なし・本人確認なしでVisaプリペイドカードを発行できる後払いアプリです。

Kyashの特徴は以下のとおりです。

Kyashの特徴
  • 審査・本人確認不要でバーチャルカードが無料発行できる
  • 後払いチャージの1回辺りの限度額は3,000円~5万円
  • コンビニやスーパー飲食店のVisa加盟店で使用可能

Kyashには後払いチャージができるイマすぐ入金という機能があります。

これは必要な金額を入力するだけで、すぐにKyashアプリの残高が増えるというもの。

入金した分は翌月末に精算なので、急にお金が必要になった時に便利です。

限度額は利用状況で変化し、イマすぐ入金を使えば使うほど限度額は上がります。

KyashはVisa加盟店であれば、どこでも使用できてネットショッピングでも使えます。

Apple PayとGoogle Payに対応しているのでQUICPay加盟店でスマホ決済に使用できます。

無料で登録できるので、試しに使って見るならKyashがおすすめです。

Kyash(キャッシュ)-チャージ式Visaカード

Kyash(キャッシュ)-チャージ式Visaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

B/43

B/43無料でVisaのプリペイドカードが発行できるスマホ決済・家計簿アプリです。

B/43の特徴は以下のとおりです。

B/43の特徴
  • 無料でプリペイドカードが発行できる
  • あとばらいチャージの1回辺りの限度額は3,000円~5万円
  • 実店舗・ネット通販どちらでも使える

B/43はアプリ登録時に本人確認が必要ですが、無料でプリペイドカードを発行できます。

そのため実店舗で後払いしたい場合はB/43が便利です。

本人確認は運転免許証やマイナンバーカードで簡単に済ませられ、審査はないので誰でも申し込めます。

B/43はあとばらいチャージという機能でプリペイドカードの残高に後払い入金可能。

支払いを翌月にまわせるので、ちょっと手持ちが足りない時でも安心です。

登録して無料でプリペイドカードが使えるので、気になる方はB/43をダウンロードしてみてください。

また、登録する時は以下の招待コードを入力すると、1,000円入金で300円もらえるので忘れないようにしましょう。

招待コード
KDH4CI

B/43(ビーヨンサン) - 家計簿プリカ

B/43(ビーヨンサン) – 家計簿プリカ

SmartBank, Inc.無料posted withアプリーチ

Tポイント×QUICPayの審査まとめ

記事ではTポイント×QUICPayの審査に落ちた理由と審査でチェックされる項目、審査時間について説明しました。

審査にすぐ通った人もいれば、審査に落ちた人もいます。

審査ではさまざまな項目についてチェックを受けるため、支払い能力や信用があまりに低ければ簡単に落ちる可能性があります。

一般的なクレジットカードと同程度の厳しさで審査が行われると考えてください。

申込みをすれば誰でも必ず通るものではないため、自身の支払い能力や信用を意識した上で申込みをしましょう。