BANKIT

バンキットの本人確認は時間がかかって遅い?本人確認できない理由

バンキットの本人確認は遅い。本人確認できない理由
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

バンキットの本人確認をしたけれど、なかなか認証されないとお困りではありませんか?

個人情報を送付したのになかなか認証されないと不安になりますよね。

バンキットの本人確認は最短でも3日程度の時間がかかり遅いのが特徴です。

また時間がかかったあげく非認証になることも。

そのため、事前に本人確認での注意事項を知っておくと効率的に済ませられます。

記事では本人確認申請で認証にかかる時間や、本人確認できない理由について説明します。

本人確認できない理由を見て対策をすれば認証時間を短縮できるので、参考にしてみてください。

バンキットの本人確認は時間がかかって遅い?

バンキットの本人確認にかかる時間は3~5営業日ですので、決済アプリの中では遅いほうに入ります。

営業日とは月曜から金曜の平日のことで、土日や祝日は含みません。

しかし、2週間ほど連絡がなかったという声も聞かれるので、本人確認の際は時間に余裕をもって行いましょう。

また、本人確認に時間がかかっても必ず認証されるわけではないので注意が必要です。

本人確認申請後に「画像再登録」や「未完了」になっている場合もあるので、申請後に必ずアプリを確認しましょう。

「画像再登録」や「未完了」の場合は、以下の本人確認ができない理由を読んで再申請してください。

本人確認できない理由

本人確認できない理由は2つあげられます

  • 本人確認書類の撮影に失敗した
  • 入力内容が本人確認書類と一致していない

本人確認書類の撮影に失敗した

本人確認書類の撮影に失敗していると、本人確認できない原因になります。

撮影した写真が光の反射や手ブレ、サイズが小さすぎるなどにより、文字の確認ができない状態は「画像再登録」が表示される原因です。

また斜め画像を撮影した時に書類の厚みが足りないと、認証されないこともあるので注意が必要。

指定の書類が添付されていない場合も認証されないので、必ず指定された書類を添付しているか確認しましょう。

入力内容が本人確認書類と一致していない

個人情報の入力内容が本人確認書類と一致していないと、本人確認できません。

再度申請する場合は、入力した個人情報の住所や生年月日などに入力間違いがないか確認しましょう。

特にバンキットは現住所の確認を重視しています。

撮影した本人確認書類が引っ越し前の住所ではないか、また裏書きは現住所になっているかを確認しましょう。

今すぐ現金が必要ですか?

それならバンクレジットがおすすめ!

後払いアプリやキャリア決済枠をすぐに現金化できます

2回目以降 換金率UP中!

  • 新規申し込み:90%
  • 2回目以降:87%

\最短10分で現金GET/
バンクレジット
申し込みページ

詳しく知りたい方はこちら
後払いアプリ現金化とは?メリットと手順/

バンキットでの本人確認の手順

バンキットの本人確認は2通りのやり方があります。

顔写真付き本人確認書類で申請する場合と、顔写真がない本人確認書類で申請する場合で手順が異なります。

顔写真付き本人確認書類の申請手順

  1. アプリのトップページ右上にある、人のマークから「マイページ」をタップする
  2. 「オンライン本人確認へ進む」をタップし個人情報を入力する
  3. スマホで免許証などの本人確認書類を撮影する
  4. スマホのインカメで自分の顔を撮影する
  5. スマホのインカメで自分の首振り動画を撮影する

申請が終わって認証されると、運営会社のアプラスからハガキが登録した住所に届きます。

なかなかハガキが届かない場合は、本人確認が途中で止まっている可能性があります。

アプリで認証結果を確認してみましょう。

顔写真なしの本人確認書類の申請手順

  1. アプリのトップページ右上にある、人のマークから「マイページ」をタップする
  2. 「オンライン本人確認へ進む」をタップし個人情報を入力する
  3. 本人確認書類のアップロード画面で、グレーの枠内にあるプラスマークをタップする
  4. スマホで本人確認書類を撮影する
  5. 指定された数量の本人確認書類を添付完了するまで、3と4を繰り返して申請する

顔写真なし本人確認書類の場合も申請後、運営会社のアプラスからハガキが届きます。

アプラスからハガキが届かない場合には、アプリの認証結果通知を確認しましょう。

本人確認に必要な書類

本人確認に必要な書類は次の通りです。

顔写真付き本人確認書類の場合

顔写真付きの本人確認書類を使う場合は、以下から1点あれば大丈夫です。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポートの写真および住所のページ(2020年2月4日以前のもののみ)
  • マイナンバーカード(通知カードを除く)
  • 在留カード

顔写真なしの本人確認書類の場合

顔写真なしの本人確認書類の場合、本人確認書類2点か、本人確認書類と補完書類のうち各1点ずつが必要です。

    本人確認書類

  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 特別永住証明書
  • パスポート

    補完書類

  • 国税か地方税の領収書
  • 国税か地方税の納税証明書
  • 社会保険の領収書
  • 公共料金の領収書

公共料金の領収書は、電気代、水道代、都市ガス使用料、NHK受信料、固定電話の使用料のうちのどれか1つでOKです。

また、本人確認書類のうち2020年2月4日以降のパスポートや年金手帳で住所の記載がないものについては、現住所がわかる補完書類と合わせて3点の添付が必要になるので注意が必要です。

必要な数の本人確認書類を添付していないと、本人確認が認証されないので必ず確認しましょう。

本人確認書類の写り具合でも認証されない場合があるので、等中で文字が切れていないことを確認して撮影をしてください。

本人確認のメリット・デメリット

バンキットの本人確認のメリットやデメリットを説明します。

利用状況などによっては、本人確認をする必要がない場合があります。

本人確認をする前に、メリットとデメリットを確認しておきましょう。

本人確認のメリット

  • チャージできる金額が増える
  • おたすけチャージに招待されることがある
  • おたすけチャージプラスを利用できる

バンキットは本人確認をすると、チャージの上限金額を大幅に上がるBANKIT Youを利用できます。

本人確認前のBANKIT Meでは、チャージ金額の上限が10万円です。

バンキットで10万円以上チャージして使いたい場合には、本人確認をしましょう。

また、おたすけチャージの審査を受ける場合にも本人確認が必要です。

おたすけチャージはバンキットの利用状況を考慮し、審査が通ると招待通知が来て初めて利用できます。

おたすけチャージを利用したいと考えている人は、事前に本人確認をしてからチャージしましょう。

本人確認のデメリット

  • チャージ金額が10万円以下なら面倒なだけ
  • おたすけチャージがすぐに使えない
  • おたすけチャージが使えない場合がある

バンキットは本人確認をしなくても最大10万円までチャージが可能です。

チャージ金額が10万円以下の人は本人確認の必要がありません。

また、おたすけチャージは本人確認をしてもすぐに利用できません。

なぜならおたすけチャージは本人確認後、アプリの利用状況によって審査するからです。

また、おたすけチャージは審査が通って招待された人のみ利用できるサービスなので、利用状況によっては使えないこともあります。

おたすけチャージのために本人確認をする人は、上記の点を踏まえた上で申請しましょう。

バンキットの本人確認ができない理由まとめ

記事では本人確認申請で認証にかかる時間や、本人確認できない理由について説明しました。

バンキットの本人確認は時間がかかって遅いです。

公式ページでは、認証されるまでに早くても3日、最長で5日かかると記載されていますが、それ以上かかったという声も。

本人確認は失敗することもあるので時間に余裕をもって申請しましょう。

ダウンロードしてすぐ使える

最新後払いアプリ15選