MENU
メルペイ

メルカリのメルペイ定額払いはやばい?メリットとデメリット

メルペイ定額払いはやばい?メリット・デメリット
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「メルカリのメルペイ定額払いはやばいって本当?」と思っていませんか?

定額払いは毎月の支払いを一定金額にして分割で支払えるサービスです。

メルペイスマート払いの翌月払いに比べて、毎月の支払いの負担が低くなるメリットがあります。

しかし、定額払いを利用するには余分な手数料を払わなければいけないデメリットも。

記事ではメルカリのメルペイ定額がやばいと言われる理由とメリット・デメリットを説明します。

定額払いはうまく使いこなせれば便利ですので、記事を読んでしっかり理解していきましょう。

意外と簡単に使える
即日融資のカードローン5選

メルカリのメルペイ定額払いはやばい理由

メルカリのメルペイ定額払いがやばいといわれる理由は、定額払いがリボ払いと同じシステムだからです。

リボ払いは毎月の支払いを一定金額にできるメリットがあるが、年率15%程度の手数料が発生するデメリットがあります。

メルペイ定額払いの手数料についても年率15%なため、リボ払いと同等の手数料です。

銀行系カードローンでお金を借りた時の上限金利も約15%ですので、定額払いやリボ払いは借金なみの利息と言えます。

定額払いは支払いの負担が小さくなるけれども、その分手数料がかかることを認識して使わないとやばいことになる可能性があります。

メルカリの「メルペイ定額払い」って何?

「メルペイ定額払い」は、後払いオプションやメルカリのクレジットカードを使った支払いを、毎月固定の額で支払うことができるサービスです。

「メルペイ定額払い」の特徴とは?

「メルペイ定額払い」のシステムは、毎月の支払いを一定額で管理できる点で、クレジットカードのリボルビング払いに類似しています。

利用者は毎月の支払額を1,000円単位で自由に決められる他、支払いシミュレーション機能を使って、毎月の支払額や完済時期を確認することができ、支払い管理を容易にします。

メルカード決済にも適用可能

メルカリが発行するクレジットカード「メルカード」を利用した決済も、メルペイスマート払い同様に後払いの範囲内で「メルペイ定額払い」の対象になっています(一部除く)。

今すぐ現金が必要ですか?

それならバンクレジットがおすすめ!

後払いアプリやキャリア決済枠をすぐに現金化できます

2回目以降 換金率UP中!

  • 新規申し込み:90%
  • 2回目以降:87%

\最短10分で現金GET/
バンクレジット
申し込みページ

詳しく知りたい方はこちら
後払いアプリ現金化とは?メリットと手順/

メルペイ定額払いのメリット

メルペイ定額払いのメリットは次の6つがあげられます。

定額払いする決済を1つずつ選べる

メルペイ定額払いは、定額払いする決済を1つずつ選べるのがメリットです。

決済する際に定額払いにしたい商品を選べるので、翌月に一括払いにする商品と定額払いにする商品を分けられます。

高額で一括払いが難しい商品を定額払いで支払えるので、上手に使いこなすと便利ですね。

毎月の支払い金額は最低1,000円から

メルペイ定額払いは、毎月の支払い金額が最低1,000円から返済できる点もメリットです。

最低支払金額は利用残高によって異なります。

残高最低支払額
1~999残高と同じ金額
1,000~37,9991,000
38,000~75,9992,000
76,000~114,9993,000
115,000~152,9994,000
153,000~191,9995,000
192,000~229,9996,000
230,000~268,9997,000
269,000~300,0008,000

定額払いの金額は支払い月の前月末までならアプリで変更可能です。

お金がある時は増額して早めに返済するなど柔軟な支払いができます。

新規利用キャンペーンでポイント還元がある

メルペイ定額払いは、定期的に新規利用キャンペーンをおこなっています。

過去にキャンペーン期間中にエントリーして定額払いを利用すると、利用額の50%をポイント還元するキャンペーンも行われました。

新規でメルペイ定額払いを利用する際はキャンペーン時期に始めるとお得です。

なお、キャンペーンを利用する際はエントリーを忘れないようにしてください。

急な支出にも柔軟に対応

メルカリでの買い物を一括払い後に突然の支出があった場合でも、分割払いに変更することができます。

この変更は各商品ごとに可能で、必要に応じて行えます。

高価な商品も手軽に購入

「メルペイ定額払い」を使えば、高額な商品も月々の分割払いで購入が可能です。

月々の支払い額を自由に設定できるため、財務管理にも役立ちます。

ただ、過度の利用は避けるべきです。

年利15.0%の手数料は高額になりうるため、利用前には必ずシミュレーションで支払い完了時期や総手数料を確認しましょう。

支払いプランの明確化

「メルペイ定額払い」のシミュレーション機能をメルカリアプリ内で利用可能で、支払い残高や手数料の合計、月々の支払い内訳を確認できます。

リボ払いと同様に、残高に対する手数料がかかるため、支払い期間が延びるほど手数料も増加します。早期返済が手数料削減の鍵となります。

メルペイ定額払いのデメリット

メルペイ定額のデメリットは次の5つがあげられます。

利用には審査が必要

メルペイ定額を利用するには審査が必要です。

審査にかかる時間は、通常1日~2日と公式サイトに明示されています。

しかし私の場合は申請して数秒で通過の通知が来たので、そんなに長い時間待たされることはないと思います。

手数料が高い

メルペイ定額の手数料は年率15%と高いのもデメリットです。

年率15%というと1万円の商品を買った場合、約1,500円の手数料がかかるということ。

支払い金額が毎月定額になるので便利なサービスですが、使いすぎるとやばいことになる可能性もあります。

20歳未満は使えない

メルカリは2022年4月1日から成人年齢が18歳に引き下げられたことに合わせて、メルカリショップの出店やメルペイスマート払いの利用年齢を18歳以上に変更しました。

しかし、メルペイ定額払いとメルペイスマートマネーについては従来通り20歳からとしています。

18歳、19歳の人は成人であってもメルペイ定額払いを利用できないので注意しましょう。

残高減少の遅れ

メルペイスマート払いでは、最低返済額を自由に設定できますが、最低額のみの返済では残高が減りにくいです。

返済を小額に抑え続けると、利息の増加で返済総額が膨らむことがあります。返済計画は早めに立てることが大切です。

不審な連絡に警戒を

メルペイスマート払い利用者の中には、サービス利用開始後に不審なメールやSMSが増えたという報告があります。

以前は公式からの注意喚起もありましたが、現在はセキュリティが強化されています。

しかし、オンラインサービス利用時には個人情報の保護に常に注意が必要です。

メルカリのメルペイ定額払いの手数料はいくら?計算方法

メルペイ定額払いの手数料は、以下の計算式で算出します

利用金額×0.15÷365×購入日から返済日までの日数

たとえば利用金額が10,000円で購入日から30日後に支払いをした場合、以下の式で123円となります。

10,000×0.15÷365×30=123円

少額ならやばい金額にはならないので、そんなに心配する必要はありません。

メルペイ定額払いは一括返済できる

メルペイ定額払いは、定額払いの金額を最大にすることで一括返済できます。

定額払いにした決済を翌月払いに戻すことはできないので、その場合は一括返済しましょう。

メルペイ定額払いを一括返済した場合の手数料は、定額払いの手数料のみ払えばOKです。

メルペイ定額払いの支払い日

メルペイ定額払いの支払日は、11日、16日、26日のどれかを指定して支払います。

営業日ではなくても指定した日に引き落とされるため、土日祝日でも関係ありません。

メルペイ定額払いを滞納するとやばい

メルペイ定額払いは信用情報期間と提携しているので、滞納が長く続くと非常にやばいことになります。

具体的には以下のペナルティがあります。

  • 滞納履歴が信用情報機関に登録されブラックリストに入る
  • 電話、メール、ハガキで催促を受けるので家族バレするおそれがある
  • メルカリ・メルペイで利用制限により使えなくなる
  • 年率14.6%の遅延損害金を払う必要が出てくる
  • 最悪裁判の強制執行により財産を差し押さえされる

一度ブラックリスト入りすると、滞納を解消してから5年間は新規クレジットカード作成やカードローン借入が不可能になります。

他にも家族バレのリスクや遅延損害金など余計な心配が増えるのもデメリット。

滞納をすると危険なので、その前に対処して解決する必要があります。

メルペイ定額払いの手数料はやばいが便利に使える

記事では、メルカリのメルペイ定額がやばいと言われる理由とメリット・デメリットを説明しました。

メルペイ定額払いがやばいといわれる理由は、リボ払いと同じ仕組みで手数料が高いからです。

また、メルペイ定額払いを使う際には審査が必要であったり、20歳未満の利用ができないというデメリットも。

しかし、商品ごとに定額払いを設定できたり、新規利用キャンペーンでポイント還元されるメリットもあります。

一括払いもできるので、手元にお金がないときだけ定額払いを利用すると便利です。

デメリットをよく理解した上で計画的に利用しましょう。