メルペイ

メルカリの定額払いの審査は厳しい?即落ちた理由と審査基準

メルカリ定額払いの審査は厳しい?即落ちた理由と審査基準
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

メルカリの定額払いの審査は厳しいのか調べていませんか?

定額払いは申込みの時に審査があり、通過しないと使うことができません。

簡単に通るのかどうか申し込み前に知っておきたいですよね。

結論を言うと、審査はそこまで厳しいわけではありません。

記事では、メルカリ定額払いの審査が厳しいかの考察と審査に落ちた理由を中心に説明します。

定額払いを申し込もうか迷っている方の疑問を解消できますので、ぜひ読んでみてください。

メルカリの定額払いは審査が厳しい?

メルカリの定額払いの審査はそんなに厳しいものではありません

なぜならユーザーの信用情報よりもメルカリやメルペイの利用状況を重視して審査するからです。

メルカリは定額払いの審査について、実際にどんな審査をおこなっているか公表していません。

しかし審査を受けた方の口コミをまとめると、次のような声があります。

  • 債務整理中でも審査に通った
  • 無職でも審査に通った
  • 勤続20年の正社員で支払いを滞納したことがない人が審査に落ちた
  • クレジットカードの審査に通ったが、定額払いの審査には通らなかった

口コミによると、信用情報や支払い能力が悪い人でも審査に通っているケースは見られます。

そのため、必ずしも審査が厳しいわけではないと言えるでしょう。

一方、普通は審査に通りそうな正社員やクレジットカードの審査に通る人でもメルカリの定額払いには審査落ちする場合もあるようです。

このことからCICの信用情報だけではなく、メルカリやメルペイスマート払いの利用状況を加味した総合的な審査を行っていると推察されます。

定額払いに申し込む時は、メルカリ・メルペイの利用履歴を積んでから申し込むのが良いでしょう。

メルカリの定額払いが即落ちた理由

メルカリ定額払いが即落ちた理由は次の5つがあげられます。

信用情報がブラックリストに入っている

信用情報を確認してブラックリストに入っていると審査に落ちやすくなります。

メルカリは信用情報機関のCICに加盟しています。

CICとはクレジットカードやカードローンの支払い情報などを記録している団体です。

通常クレジットカードやローンの審査では、クレジットヒストリーなどの信用情報が参照されます。

信用情報に問題がなく、申込者の支払い能力が十分なら審査に通るという仕組みです。

メルペイ定額払いについても、審査時にはCICに登録されている信用情報を確認しています。

そのためクレジットカードやカードローンの返済が滞ったり、債務整理や破産の経験があるとブラックリスト入りしているため、定額払いの審査には通りにくくなってしまいます。

ブラックリストに入った人は最低5年間は定額払いを含むクレジットカード・ローンの審査に通る見込みが低い状態です。

ただし債務整理中でも審査に通ったという人もいるので、メルカリやメルペイスマート払いの利用時期が十分長い場合には申込んでみるとよいでしょう。

メルペイスマート払いで滞納したことがある

メルペイスマート払いで滞納経験があると、定額払いの審査には通りにくくなる可能性があります。

精算期限を過ぎてもまだ精算をしていない場合は定額払いを利用できないとメルペイ公式サイトで明言されています。

申込みをする際は、メルカリスマート払いを滞納していないか確認しましょう。

本人確認が不承認

本人確認が不承認の状態だと定額払いの審査に落ちます。

定額払いを利用するには本人確認の登録が必須です。

メルカリの定額払いを申込む際に申請の流れで一緒に本人確認をした人は、実は本人確認が承認されていない可能性があります。

審査に落ちてしまった時は、本人確認のステータスをみてちゃんと完了しているかチェックしましょう。

本人確認は早くて数時間、長いと最長5日の認証時間がかかるので注意が必要です。

年齢が20歳未満である

年齢が20歳未満だと定額払いの審査に必ず落ちます。

なぜなら定額払いの利用条件として、年齢が20歳以上でなければならないからです。

2022年4月1日から成人年齢が18歳に引き下げられたことにあわせ、メルカリのショップ出店やメルペイスマート払いが18歳から利用できるようになりました。

しかしメルカリの定額払いとメルペイスマートマネーについては、従来どおり20歳からの利用となります。

機能により年齢制限が異なりますので注意しましょう。

メルカリ・メルペイスマート払いの利用実績がない

メルカリ・メルペイスマート払いの利用実績がない状態だと審査に落ちる可能性が高まります。

なぜなら定額払いの審査にはメルカリの利用状況も重要視されているからです。

メルカリ定額払いは債務整理中も審査が通ったという声がありますが、勤続20年の正社員でクレジットカードの滞納履歴がない人でも落ちるといった声もあります。

1回もメルカリを使ったことがないのに定額払いを申し込むのは、落ちるリスクがあるので気をつけましょう。

今すぐ現金が必要ですか?

それならバンクレジットがおすすめ!

後払いアプリやキャリア決済枠をすぐに現金化できます

2回目以降 換金率UP中!

  • 新規申し込み:90%
  • 2回目以降:87%

\最短10分で現金GET/
バンクレジット
申し込みページ

詳しく知りたい方はこちら
後払いアプリ現金化とは?メリットと手順/

メルカリ定額払いの審査基準

メルカリ定額払いの審査基準は次の4つがあげられます。

  • 年齢が20歳以上か
  • メルカリ・メルペイの利用履歴
  • メルペイスマート払いの滞納履歴
  • CICの信用情報

年齢や滞納履歴、利用状況などをクリアして申請すると審査が通りやすくなると考えられます。

メルカリの定額払いの審査は何日かかる?

メルカリ定額払いの審査は通常1日~2日かかります。

ただし、混雑具合などの状況などによっては3日以上かかることもあるそうです。

私の場合は審査が5秒くらいで終わり、即定額払いが使えるようになりました。

メルペイスマート払いを1年以上使っていたので、利用状況に問題なしと判断されたせいかもしれません。

メルペイ定額払いの申込みの流れ

メルペイ定額払いの申込みから利用までの流れは以下のようになります。

  1. 「アプリでかんたん本人確認」 で本人確認を完了させる
  2. メルペイの「使い方」より「定額払い」に申し込みをする
  3. 審査結果の通知が来る
  4. メルペイスマート払いの購入履歴から、好きな決済を定額払いに変更する
  5. 定額払い利用分はコンビニやメルペイ残高で支払う

定額払いは申し込んだだけでは使えません。

メルペイスマート払いの決済履歴から手動で定額払いに切り替える必要があります。

高額の決済を定額払いにして、残りのこまごまとした決済はスマート払いのまま翌月一括支払いなど柔軟な支払いが可能です。

手元のお金と相談して、あなたにあった支払いスケジュールを立ててみてください。

メルカリ定額払いの審査に通るためのポイント

メルカリ定額払いの審査に通るためのポイントは次の3つがあげられます。

メルカリのルールを守りながら、利用実績を積む

メルカリ定額払いの審査では、メルカリやメルペイの利用状況が重視されています。

そのためメルカリを積極的に利用しているユーザーほど審査に通りやすいと言えるでしょう。

しかしメルカリでの取引を途中で投げ出したり、メルペイで滞納したりなどルール違反が目立つようだと、逆に審査落ちする原因にもなります。

定額払いの審査にスムーズに通過するためにも、ルールを守って利用実績を作っていくことが大事です。

本人確認や定額払いの申込み内容を正確に入力する

本人確認や申込み内容に不備があると、審査が長引いたり落ちたりする要因になります。

嘘の情報を書いても信用情報を参照するのでバレる可能性がつきまといます。

申込みは現在の自身の状況を正確に書いたほうが、審査には有利に働くでしょう。

1回落ちている場合は、前回の申込みから6ヶ月以上空ける

1回審査に落ちて再申請する場合は、前回の申込みから6ヶ月以上空けたほうが無難です。

なぜならメルカリの定額払いに申込むと、申込み履歴が6ヶ月間CICの信用情報に残るから。

審査に落ちた履歴があると再審査をしても落ちる可能性があります。

そのため6ヶ月以上待って審査落ちの履歴が消えてから申し込んだほうがよいでしょう。

合わせてメルカリの利用実績を積んでおくと万全です。

メルカリの定額払いの審査まとめ

記事では、メルカリ定額払いの審査が厳しいかの考察と審査に落ちた理由を解説しました。

定額払いは債務整理中の人でも通るように、そんなに厳しい審査ではありません。

なぜならCICの信用情報だけでなくメルカリ・メルペイの利用状況も重視して審査するから。

メルカリを長期間使い続けている人は、それだけ審査に通りやすいとも言えます。

ですのでメルカリ・メルペイの利用歴が長いなら、自信を持って定額払いに申し込んで大丈夫です。

自信がないなら他の後払いアプリを使う方法もありますので、あなたにあった方法を探してみてください。