PayPay

PayPay後払いの審査に落ちた理由|審査は厳しい?審査基準は?

PayPay後払いの審査に落ちた理由。審査基準と審査は厳しいか?
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

PayPay後払いの審査に落ちた理由を調べていませんか?

せっかく申し込んだのに、理由もわからないまま審査に落とされるとがっかりしますよね。

PayPay後払いはクレジットカードと同様の審査が行われるので、安定した収入がないと厳しいでしょう。

しかし、バイトをしていれば安定した収入があるとみなされ、審査に通る可能性もあります。

記事ではPayPay後払いの審査に落ちた理由や審査基準、審査は厳しいかどうかについて解説していきます。

再審査を受ける時の対策も紹介していますので、PayPay後払いを使いたい方はぜひチェックしてみてください。

PayPay後払いの審査に落ちた理由とは?

PayPay後払いの審査に落ちた理由としては以下の4点が考えられます。

  • 信用情報に傷がついている
  • 安定した収入がなく支払能力が不足している
  • 多重申込みをしている
  • 入力内容に虚偽やミスがあった

1つずつ詳しく見ていきましょう。

信用情報に傷がついている

過去に「クレジットカードなどの支払いを延滞した」「債務整理をした」などの履歴があると、信用情報に傷がついていて審査に通らない可能性が高いです。

信用情報に傷がついているとはいわゆるブラックリストに入っている状態のことを指します。

審査の際にCICなどの信用情報機関から個人の信用情報を照会することができるため、マイナスな履歴が残っていると審査において不利になります。

信用情報に傷がつくと5年間は履歴が残ります。

その間にクレジットカードや後払いに申し込んでも、審査落ちする可能性があるので注意する必要があります。

ブラックリストに入っているのかを確認したい場合はCICの窓口へ問い合わせをしてみてください。

安定した収入がなく支払能力が不足している

PayPay後払いを利用する上で年収や勤続年数、勤務形態といった支払能力も重要な要素となってきます。

買い物代金を翌月にまとめて清算できなければ、あっという間に借金だらけになってしまうからです。

安定した利用ができるユーザーを判別するためにも、支払能力を審査しています。

収入が不安定だったり無職だったりすると、支払能力不足として審査に落ちる可能性があります。

多重申込みをしている

PayPay後払い以外の他のクレジットカードに同時に申込みをしている多重申込の場合も、審査に落ちやすくなります。

多重申込みをしていると「お金に困っている」という印象を与えてしまい、支払能力に問題があると評価されかねません。

クレジットカードの申込み履歴は信用情報機関で6ヶ月間保管されるため、十分に間隔を空けてから申込むようにしてください。

入力内容に虚偽やミスがあった

申込み時に入力した個人情報に虚偽やミスがあった場合にも、審査に落とされてしまうので注意してください。

支払能力に不安があるからと年収を多く記入したくなるかもしれませんが、こういった嘘は確実にバレます。

嘘をついて審査に通ることはまずないので、申込みの際は正確な情報を記入するようにしてください。

PayPay後払いの審査基準

PayPay後払いの審査基準や申込条件、審査が厳しいかどうかについて説明します。

審査基準を知っておけば申込む段階で審査に通るかどうかの目安にも使えます。

PayPay後払いの申込条件

PayPay後払いの申込条件は以下の3点です。

  • 日本国内在住の満18歳以上(高校生を除く)
  • 本人又は配偶者に安定した継続収入がある方
  • 携帯電話認証(SMS認証)が可能な携帯電話をお持ちの方

無職の人やフリーターなど安定した収入がない人であれば申込基準を満たしていないとされ、審査に落ちる理由となってしまいます。

審査難易度はクレジットカードと同レベル

PayPay後払いは、PayPayカードを提供している「PayPayカード株式会社」によって提供されているサービスです。

そのため、PayPay後払いの審査基準はPayPayカードと同等レベルと考えられます。

審査にかかる時間は?

PayPay後払いの審査にかかる時間は最短で2分と言われていますが混み具合によって2日〜4日かかるようです。

当日中に審査結果が出ないことも多いので余裕を持って申し込みをしましょう。

申請後しばらく経っても結果が出ない場合は問い合わせをしてみてください。

今すぐ現金が必要ですか?

それなら即日アリアちゃんがおすすめ!

後払いアプリやキャリア決済枠をすぐに現金化できます

2回目以降 換金率UP中!

  • 新規申し込み:90%
  • 2回目以降:87%

ariapng 詳しく知りたい方はこちら
後払いアプリ現金化とは?メリットと手順/

PayPay後払いの審査は厳しい?

PayPay後払いの審査基準はPayPayカードと同じレベルであれば、審査はそれほど厳しくないと考えられます。

PayPayカードは年会費無料で使える上に、審査基準がそれほど厳しくない流通系のクレジットカードに該当します。

そのため、PayPay後払いも同様に審査は厳しいわけではないと言えるでしょう。

とは言え、審査基準を満たしていなければ審査には通らないので注意しましょう。

PayPay後払いの審査に関する口コミ

PayPay後払いの審査に関する口コミを紹介していきます。

良い口コミ
  • キャンペーンでPayPayポイントがもらえた
  • 手続きがスムーズで、審査も一瞬で終わった
  • 過去にクレジットカードで延滞してたが、審査に通った
悪い口コミ
  • 審査落ちした理由がお知らせされない
  • 無職だと審査に通らない
  • 他社クレジットカードの審査は通ったがPayPay後払い審査には通らない


すんなり審査に通ったという声も多く見られたのですが、審査に落ちた方もちらほらいるようです。

また、申込みキャンペーンで多額のポイントがもらえるので、入るタイミングによってはお得に使えるケースもあります。

(公式)PayPayあと払い申込みキャンペーン

PayPay後払いに再申し込みする時の対策

PayPay後払いは1度審査に落ちたとしても、一定期間を空ければ再申し込みが可能です。

時間をおき、安定した収入を作れば審査に通る見込みはあります。

なおブラックリスト入りしている場合は再申し込みしても、審査に通る可能性は低いので注意が必要です。

継続できるバイトを探して収入を確保する

PayPay後払いは安定収入があれば、審査に通りやすくなります。

そのため収入に不安がある場合は、バイトを継続して毎月収入を得られる状態にすることが大事。

バイトは知名度の高いバイトルで探せば効率的です。

CM効果で求人数が多いので、希望の条件に合ったバイトが見つかりやすいでしょう。

アプリではバイト先の様子が動画でチェックできるのも安心なところ。

無料で使えるので、あなたにあうバイトがあるかどうか確認してみてください。

仕事探し アルバイト選びはバイトル

仕事探し アルバイト選びはバイトル

ディップ株式会社無料posted withアプリーチ

6ヶ月後にまた申込む

PayPay後払いに落ちた時は、再申し込みまで6ヶ月空けなければいけません。

なぜなら、信用情報機関に後払いに申し込んだ履歴が6ヶ月は残るからです。

申し込んで落ちた履歴があると、PayPay後払いの審査に通る可能性は低くなります。

そのため、安定した収入源を確保した上で、前回の申込みから6ヶ月後に再度申し込むようにしてください。

PayPay後払いの審査まとめ

記事ではPayPay後払いの審査に落ちる理由や審査難易度、審査基準は厳しいかどうかについて解説しました。

審査が非常に厳しいというわけではないので、原因を解決した上で必要な条件を満たしPayPay後払いに申込めば審査に通りやすいでしょう。

万が一PayPay後払いに通らなくても、他にも後払いできる方法はあります。

以下の記事で後払いできる最新のアプリをまとめて紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

ダウンロードしてすぐ使える

最新後払いアプリ15選