MENU
後払いサービス

後払いワイドは審査厳しい?審査落ちの理由とCICの信用情報について

後払いワイドは審査厳しい?審査落ちとCICの信用情報
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

後払いワイドの審査に落ちた理由について調べていませんか?

審査に落ちてしまった場合、なぜ落ちたかの理由は説明されないため納得できない気持ちの方も多いでしょう。

一般的に、審査落ちの理由として収入が低いことや支払い能力が低いことが挙げられます。

記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • 後払いワイドの審査は厳しいか
  • 審査に落ちた理由
  • 後払いワイドはCICの信用情報を見ている

残念ながら今回審査に通らなかった人でも、記事の内容を参考にすることで今後の後払いワイドの審査に通りやすくなります。

後払いワイドの審査は厳しい?

後払いワイドを使用するには、所定の審査に通過する必要があります。

審査基準はクレジットカード作成と比べると、さほど厳しいわけではありません。

初回は10万円までですが、初めてでも審査に通れば後払い可能です。

ただし過去に支払いの遅延や未入金などのトラブルがあった場合は審査で不利になってしまう可能性があります。

また、支払い能力が著しく低い方には審査が厳しいと感じられるかもしれません。

後払いワイドの審査落ちの理由

後払いワイドの審査に落ちる主な理由を以下にまとめました。

  • 登録した情報が間違っている
  • 支払いの遅延履歴や未入金がある
  • 過去に同じ住所で後払いトラブルの履歴がある
  • 高額の注文をしている
  • 転売や現金化の可能性が高い商品を購入している
  • 短期間に複数のクレジットカードや後払いに申し込んでいる

いずれかに該当する人は、後払いワイドの審査に落ちる可能性があります。

次から審査に落ちる理由を一つずつ詳しく解説していきます。

登録した情報が間違っている

登録した情報に不備や間違いがあると、審査に落ちてしまうことがあります。

特に以下の入力事項には注意が必要です。

  • 電話番号を間違えている
  • 住所の番地が抜けている・アパートやマンション名を記載していない
  • 氏名の漢字を間違えている
  • メールアドレスを間違えている

特にスマートフォンを用いて手続きを行うと、変換ミスや入力ミスが起こることがよくあります。

登録した情報そのものが間違っていると、審査には通りにくくなってしまいます。

支払いの遅延履歴や未入金がある

過去に滞納した履歴や、現在未入金があると審査には通りづらくなってしまいます。

後払いワイドの審査は、クレジットカードや借入等の審査と比較して厳しくないと言われています。

しかし、過去にトラブルがあった場合はもちろん記録が残っています。

審査に全然通らないときは、支払いの遅延履歴や未入金がないか確認する必要があります。

過去に同じ住所で後払いトラブルの履歴がある

自分自身はトラブルを起こしていなくても、同じ住所でトラブルの履歴があった場合に審査に落ちてしまうことがあります。

例えば以下のような事例です。

  • 同居している家族が過去に延滞や未払い等のトラブルを起こした
  • 以前住んでいた人がトラブルの履歴を残していた

後払いワイドの審査は登録する情報が限られています。

そのため自分自身はトラブルを起こしていなくても、同居している家族や以前同じ住所に住んでいた人のトラブル実績によって審査落ちしてしまうことがあります。

高額の注文をしている

後払いワイドの限度額を超えて高額の注文をした場合は、審査落ちします。

例えばポケットカードの後払いワイドでは、初回審査に通過できれば利用可能枠が必ず10万円もらえます。

しかし上限金額を超えての後払いはできないため、審査落ちしてしまう原因です。

転売や現金化の可能性が高い商品を購入している

転売や現金化の可能性が高い商品を複数購入している場合も、審査が厳しくなります。

例えば、最新のゲーム機やゲームソフト、高額で転売されがちな限定商品等を一度にカートへ入れているケースです。

一般的に後払いサービスでは、商品の現金化を禁止していることがほとんど。

そのため現金化につながる取引は、運営側も目を光らせてチェックしています。

フリマアプリやネットオークションで高額取引されているものを複数購入する場合は、気をつけましょう。

短期間に複数のクレジットカードや後払いに申し込んでいる

短期間に複数のクレジットカードや後払いに申し込むことを多重申し込みと呼び、審査に大きく影響してしまいます。

「とりあえず手当たり次第申し込んでいるのでは?」、「キャンペーン目当てなのでは?」と不信感を持たれてしまうからです。

他にも返済能力が十分かどうかも疑われる可能性があります。

申し込んだ情報は6ヶ月間保管されるので、基本的には一つ申し込んだら最低半年あけてから申し込みをしましょう。

ダウンロードしてすぐ使える
最新後払いアプリ16選

後払いワイドはCICの信用情報を確認している

後払いワイドはCICの信用情報を確認しています。

CICは主に消費者金融やクレジットカード会社で登録された信用情報を取り扱っています。

信用情報機関はCICJICCJBAの3箇所ありますが、CICは最もたくさんの信用情報を管理しています。

信用情報を確認して問題があると判断された場合は、審査落ちします。

どうしても審査落ちが続く場合は、個人でもCICの信用情報を確認することができます。

必要なものは、「申し込み時に記載した電話番号」・「1,000円(窓口の場合は500円)」の2つ。

審査落ちの理由が知りたい場合や、自分の信用情報に問題がないかを調べたい方は確認してみてください。

今すぐ現金が必要ですか?

それならバンクレジットがおすすめ!

後払いアプリやキャリア決済枠をすぐに現金化できます

2回目以降 換金率UP中!

  • 新規申し込み:90%
  • 2回目以降:87%

\最短10分で現金GET/
バンクレジット
申し込みページ

詳しく知りたい方はこちら
後払いアプリ現金化とは?メリットと手順/

後払いワイドの審査時間

後払いワイドの審査にかかる時間は5分から15分と言われています。

20時までに申し込めば、即日で審査結果がわかります。

登録する際には本人確認書類(運転免許証など)が必要です。

スマートフォン等のカメラアプリで本人確認書類を撮影するか、事前に画像ファイルを準備する必要があります。

手続きをスムーズに進めたい方は手元に準備しておきましょう。

後払いワイドとその特徴

後払いワイドは、ポケットカード株式会社が提供する便利な後払いオプションです。

このサービスを使うと、最大10万円までの初回利用が可能で、申し込みも手軽です。

このサービスはECサイトでのショッピングに利用でき、支払いは商品受領後となるため、配送トラブルなどのリスクを軽減できます。

予想外の商品が届いたり、商品が届かないリスクを減らすことができるので、ECサイトの利用時の安心感を高めます。

分割支払いやリボルビング支払いも可能であり、資金計画に合わせた柔軟な支払い方法を選べます。

審査は必要ですが、申込条件は比較的緩やかで、多くの人が利用できる可能性があります。

後払いワイドの利点

後払いワイドを使用すると、ECサイトでの買い物がより手軽になります。

簡単な審査と手続きで、幅広いユーザーがこのサービスを利用できます。

さまざまな決済方法が存在する中で、後払いワイドの利点を理解しておくことで、最適な決済手段を選べるようになります。

クレジットカード不要

ECサイトでの購入では一般的にクレジットカードが必要ですが、後払いワイドならクレジットカードは不要です。

これにより、都度のクレジット情報入力の手間を省き、ストレスフリーでオンラインショッピングを楽しめます。

クレジットカードを持たない人でも、気軽に利用できるのが大きな魅力です。

最大30万円までの決済が可能

初回は10万円の利用限度ですが、審査を通過すれば最大30万円まで利用可能です。

これにより、高価な商品もネットで簡単に購入できます。

高額商品の購入が簡単になるため、オンラインでのショッピングがより便利になります。

最大2ヶ月後の支払い期限

利用した金額は月末締めで請求され、支払い期限を最大2ヶ月後に設定することができます。

これにより、資金繰りに柔軟性が生まれ、出費のバランスを取りやすくなります。

分割払い・リボ払い対応

一度に大きな支出をするのが難しい場合でも、分割払いやリボルビング払いを選択できます。

これにより、大きな買い物も負担なく、賢く管理することが可能です。

後払いワイドの注意点とデメリット

便利な後払いワイドも、注意が必要な点やデメリットがあります。

トラブルを避けるためにも、これらを理解し、賢く利用しましょう。

審査が必要

後払いワイドを利用するには、審査をパスする必要があります。

審査に通らないと、希望する商品の購入ができなくなる場合があります。

特に、信用情報に問題がある場合や、最近審査に落ちた経験がある場合は注意が必要です。

対応サイトが限定される

全てのECサイトで後払いワイドを利用できるわけではなく、対応サイトが限られています。

欲しい商品を扱うサイトがこのサービスに対応していない場合は、別の決済方法を選択する必要があります。

高額な決済には不向き

後払いワイドの利用限度額は、最大でも30万円です。

より高額な商品を購入したい場合は、このサービスでは対応できないことがあります。

分割払い・リボ払いに手数料がかかる

分割払いやリボ払いを利用する場合、手数料が発生します。

利息を抑えつつ賢く利用するためには、返済計画をしっかり立てることが重要です。

後払いワイドの現金化に関するリスク

後払いワイドを現金化することは、高いリスクを伴います。

安易な現金化は避け、以下のリスクをよく理解しましょう。

ペナルティの存在

現金化を試みると、サービス利用規約に違反し、ペナルティが課せられる可能性があります。

これにより、サービスの利用資格を失うことがあります。

手数料による損失

現金化を行うと、高額の手数料がかかり、最終的に損失を被ることがあります。

一時的な資金調達も、長期的に見れば不利益をもたらす可能性があります。

個人情報の悪用リスク

現金化の過程で、悪質な業者による個人情報の悪用リスクがあります。

個人情報が流出することで、さらなる金銭的なリスクにさらされる可能性があります。

後払いワイドの口コミ

  • 超ブラックなのに後払いワイド通った
  • 支払い方法に「後払いワイド」を選択してみたけれど審査落ち。個人情報をだまし取られた気分。
  • ポイントキャンペーンにつられて後払いワイドしてみた。後払いだしポイントつくし最高!

後払いワイドは比較的審査が厳しくないと言われています。

過去にクレジットカードの審査に落ちてしまった人でも、後払いワイドの審査は通った人もいます。

落ちると思っていたけれど、以外にも審査に通ったといった口コミもたくさん見受けられました。

後払いワイドの審査は厳しいかどうかまとめ

記事では後払いワイドの審査に落ちた理由や審査は厳しいかどうかについて説明しました。

審査にすぐ通った人もいれば、落ちてしまった人もいます。

基本的にはCICの信用情報を確認しますが、一般的なクレジットカードよりも審査基準は厳しくないと言われています。

後払いワイドを使ってみようかなと考えている人は、思い切って申し込んでみることをおすすめします。