ペイディ

ペイディのリアルカードとは?使い方・審査・限度額を説明

ペイディのリアルカードとは?使い方・審査・限度額を説明
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ペイディのリアルカードってなんだろうと調べていませんか。

ペイディのリアルカードとは、ペイディアプリから発行できるアプリ連動のクレジットカードです。

一方、ペイディのアプリにはペイディカードという機能もあり、違いがわかりにくいと感じている人も多いでしょう。

記事では、ペイディのリアルカードの解説や使い方、ペイディを利用する際の審査や限度額について説明します。

普通のクレジットカードと比較したメリットやデメリットもあるので、記事を読むことでペイディのリアルカードの特徴を理解できますよ。

ペイディのリアルカードとは?

ペイディのリアルカードとは、Visa対応の実店舗で使えるペイディのクレジットカードです。

ペイディのアプリでペイディプラスに申し込み、その審査が通った後にリアルカードを申請することで発行できます。

オンラインショップだけでなく、実店舗でペイディを使いたい場合に必要なカードです。

新規にクレジットカードを契約したくない人や、アプリで気軽に電子決済をしたい人に向いているサービスといえます。

ペイディカードとの違い

ペイディカードとリアルカードの違いは、店頭で使用できるかどうかです。

使えるお店ペイディカードリアルカード
ネット通販
実店舗

ペイディカードは、ペイディのアプリ上で利用できるバーチャルカードです。

バーチャルなのでカード番号や名前の情報はあり、ネット通販で使えます。

ペイディカードを利用するには、本人確認をしてペイディプラスにアップグレードする必要があります。

しかし実店舗での使用はできません。

一方、リアルカードはペイディプラスになっていれば、アプリから無料で発行手続きが可能。

リアルカードなら実店舗でも使えるので、ペイディを活用できる範囲が広がります。

ペイディをVisaのクレジットカードとして店頭で使いたいなら、リアルカードを申請しましょう。

ペイディリアルカードのメリット

ペイディリアルカードのメリットは、次の3つがあげられます。

実店舗で3回あと払いが使える

ペイディリアルカードは実店舗で3回後払いが使えるのが特徴です。

しかも分割手数料は無料です。

クレジットカードのリボ払いや分割払いは手数料が高いので、無料で分割払いができる点は大きなメリットといえます。

使用履歴がアプリに即反映される

ペイディリアルカードは使用履歴がアプリに即反映されます。

履歴がすぐに反映されるので、こまめにチェックすれば使いすぎや残高不足になりにくいはず。

毎月使う金額を決めて買い物をしている人には使いやすいカードといえるでしょう。

年会費無料で使える

ペイディリアルカードは年会費無料で使える点もメリットです。

銀行などのクレジットカードの場合、一定金額利用していないと年会費がかかる場合があります。

気軽に後払いを利用したいけれど、維持費がかかるのはイヤだという人にも向いています。

今すぐ現金が必要ですか?

それならバンクレジットがおすすめ!

後払いアプリやキャリア決済枠をすぐに現金化できます

2回目以降 換金率UP中!

  • 新規申し込み:90%
  • 2回目以降:87%

\最短10分で現金GET/
バンクレジット
申し込みページ

詳しく知りたい方はこちら
後払いアプリ現金化とは?メリットと手順/

ペイディリアルカードのデメリット

ペイディリアルカードのデメリットは、次の3つがあげられます。

決済のたびに審査がある

ペイディリアルカードは、決済のたびに審査があるのがデメリットです。

ペイディの決済で審査落ちして使えなかったという声も聞かれます。

審査に落ちる理由は、限度額ギリギリまで使っているとか換金しやすい商品には使えないとか色々あります。

ペイディリアルカードを使用する際は、審査に通らないこともあることを理解しておきましょう。

限度額はクレジットカードより低め

ペイディリアルカードの限度額はクレジットカードよりも全体的に低めです。

一般的なクレジットカードでは最低限度額は10万円で上限は50万~100万くらいの方が多いでしょう。

しかし、ペイディでは限度額が3万円だったという人や20万円だったという人もいてさまざまです。

なぜならペイディの限度額はペイディの利用状況によって決まるから。

ペイディを使い続ければ徐々に限度額は上がっていきますが、クレジットカードほどの金額まで伸びにくいのがデメリットです。

ポイント還元がない

ペイディリアルカードはポイント還元がありません。

クレジットカードでは利用に応じてポイントがつくので、お得に利用したいならばポイント還元があるクレジットカードの方がメリットがあります。

利用金額や頻度によって使い分けるとよいでしょう。

ペイディリアルカード発行の流れ

ペイディリアルカード発行の流れは次の通りです。

  1. ペイディアプリで本人確認をしてペイディプラスにアップグレードする
  2. 審査結果を待つ
  3. ペイディプラスになったら、アプリのホーム画面下にある「カード」をタップする
  4. ペイディカードの画面が表示されたら「リアルカードを発行する」をタップする
  5. 必須項目を入力し、申し込みを完了する
  6. 1週間くらいで登録した住所にペイディリアルカードが届く
  7. 使う前にペイディアプリでカードを「有効化」する

手続きは全てアプリ上で完結します。

無料でできるので今後もペイディを使い続けるなら申込みをしておいたほうが便利です。

ペイディ (Paidy) - スマホでかしこくあと払い

ペイディ (Paidy) – スマホでかしこくあと払い

Paidy Inc.無料posted withアプリーチ

ペイディリアルカードの使い方

ペイディリアルカードを使うためには、ペイディアプリでカードの有効化をする必要があります。

有効化されていないとカードが届いても利用できないので、必ず有効化しましょう。

ペイディリアルカードの使い方はクレジットカードと同じで、買い物時にレジで提示すればOK。

Visaのクレジットカードに対応していない店舗では利用できないので注意しましょう。

ペイディリアルカード発行の審査は厳しい?

ペイディリアルカードはペイディプラスの審査に通りさえすれば発行可能です。

ペイディプラスの審査はそんなに厳しいわけではありません。

なぜならペイディはCICなどの信用情報機関の登録情報を参照するものの、AIを活用した独自の与信審査を行っているからです。

すでにクレジットカードを使用していてクレジットヒストリーが蓄積されている人は問題なく審査に通るでしょう。

クレジットヒストリーがない場合でも、滞納履歴などの金融事故がない限り、ペイディプラスの審査に落ちるリスクは低いと考えられます。

よってペイディリアルカードは厳しい審査なしで発行できるカードと言えます。

ペイディリアルカードの利用限度額と確認方法

ペイディリアルカードの利用限度額はペイディの活用状況によって変わります。

利用履歴が多い人は20万円、登録したばかりの人は3万円というふうに幅が広いのが特徴です。

利用限度額の確認方法は、ペイディアプリのホーム画面にある「ご利用可能額」から見れます。

しかしご利用可能額はあくまでも目安なので、限度額が近くなると審査に落ちる可能性も出てきます。

ペイディを使っていくことで限度額は上がるので、使い続けて信用を蓄積していきましょう。

ペイディリアルカードの支払い方法

ペイディリアルカードの支払い方法は、あと払いすぐ払いがあります。

あと払いは商品を購入した翌月の1日~3日にメールとSMSで請求が届き、10日までに支払いをしなければいけません。

あと払いの支払いには以下の方法があり、方法ごとに支払い手数料が異なります。

支払い方法手数料
コンビニ払い356円
銀行振込使う銀行により手数料は異なる
口座振替0円

翌月まで待たず好きなタイミングで支払いたいというなら、ペイディアプリの「ご利用履歴」から「すぐ払い」を選べば即日支払うことも可能。

すぐ払いはコンビニ払いしか指定できず、口座振替を指定している場合は利用できないので注意しましょう。

なおコンビニ払いは、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、セイコーマートが利用できます。

セブンイレブンは対象外なので注意しましょう。

ペイディリアルカードのまとめ

記事では、ペイディのリアルカードの解説や使い方、ペイディを利用する際の審査や限度額について説明しました。

ペイディリアルカードはペイディアプリと連動しているクレジットカードです。

実店舗で3回あと払いができるほか、使用履歴がアプリに即反映されたり、年会費が無料というメリットがあります。

しかし、クレジットカードと違いポイント還元がないことや、利用上限が低めに設定されているデメリットも。

利用金額や頻度、用途によってクレジットカードと使いわけるとよいでしょう。